「早めに理解しておくべき連絡ノートの

意外な使い方」

 

皆様は

個人に伝える内容、全体に伝える内容分けて伝える事ができていますか?

どんな人に、どの様な事を、どんな方法で伝えていますか?

 

1200文字程度で全てをお伝えする事はできませんが

一度、伝え方、連絡ノートの使い方について考えてみませんか?

 

どのお店も連絡ノートを準備していると思います。

その連絡ノート、

 稼働できていますか?

 書く事だけ、サインするだけが目的になっていませんか?

 緊急度、重要度の高いものが連絡ノートに紛れていませんか?

 全スタッフが見ていますか?

 

出来事を書くのは悪いとは思いませんが、

怒りのままに書きなぐった文章

明らかに個人を責め立てる表現

驚くのは「理解できない人は辞めてください」

と文を締めくくったもの

 

こんな内容を出勤してからすぐに見たいと思いますか?

それを見て、注意喚起する事ができるのでしょうか?

それを見て、今から頑張るぞと意気盛んにラウンドするスタッフが

どのくらいいるでしょうか?

 

連絡ノートは良い方にも悪い方にも活かされます

自分の優位性を高めるために平気で侮辱しあう

部下への不平不満を列挙する

大げさに言えば

悪いことを列挙しあう被害報告書、犯罪報告書的なものへとなっていきます

 

それでは、

どんな連絡ノートであれば、皆が見てその内容を実行できる様になるのでしょうか?

連絡ノートは、

全員へ配信する手段であり、ミス漏れダブりを亡くすだけでなく

「お店全体の活気や士気を高めるためにある」ものです

 

 

「私が取り組んだ連絡ノート」

LOVE2

社員からの一本通行ではなく

社員、アルバイト、清掃スタッフさんまで、誰もが発信できるノートです

内容は、連絡事項+みんなの「できた」

おほめの言葉や、嬉しかった事、感謝の気持ちに特化したノートです

初めからこのようなコンセプトで作ったものではありませんが(笑)

仲間への想いを更新し続けていると、自然に誰もが真似して

だれだれちゃんがこんなことをしてくれた

あの人のこんなところに感動した

と書くようになった

というのが本当のところです

こうなるとみんな見るようになるし、サインするというより

交換日記しているかのように

それぞれが一言ずつコメントを書くようになります

仲間への意識が広がるのを私は実感しました

 

この仲間意識はとても重要で、この気持ちを浸透させることが

お店の繁盛に繋がります。

そんな「仲間意識の重要性」についても併せてご覧ください

 

私は試したことはありませんが、このような連絡ノートであれば

ラインやメールでグループ化するのもよいかもしれません

憂鬱になる内容であれば、絶対に端末を使うのは辞めるべきだと思います

 

しかし、良い事だけの連絡ノートでは、

ベクトルを合わせるにも、注意喚起することも、気を引き締めさせることなんてできない

そう思いますよね

そもそもこのような目的を、連絡ノートだけで達成させることは難しい話です。

 

私の戒めは、

叱ることは個人的に

注意喚起は全体的に

おほめの言葉は朝礼で

 

内容に応じて「ミーティング、朝礼、終礼、レビュー」

を活用していただきたいと思います

 

このように相手の事を思いやること、相手によりよく伝わる手法を選ぶこと

これが伝える技術なのです

 

簡単に伝える技術を知りたいという方はこちらの

「技術を求めてはいけない!伝える技術の本質」

をご覧ください

 

そうそう、この連絡ノートに。

時たまに、社長が登場すると更に盛り上がります(笑)

 

終わりに

連絡ノートでみんなへの想い「愛」を発信することで

少々厳しく叱っても、あなたを怖がったり、嫌いになる人はいなくなるはずです。

厳しさは必ずがあれば芽生えるもの

そして

貴方の一言が相手の成長スピード

お客様からの評価に直結します。

 

特に感情で走ってしまう事があるという方は、日頃から連絡ノートで

貴方の想いを存分に発信してみてはいかがでしょうか?

貴方自身も、人への想いが変わって来る様子を実感できるはずです 

 

厳しさの裏にあるあなたの愛を伝える

効果的な連絡ノートはこちら